アプリ開発ってどれくらい儲かるの?

実際にやってみた。iOSアプリを毎週1つずつ投下中。

100個アプリ公開を目指すならAndroidアプリが良い

9件の審査待ちアプリを抱えて思うこと - iOS & Androidアプリ

iOSアプリ開発の不満点を挙げるなら、審査待ち期間が長いことに尽きると思う。

アプリの審査を慎重に行う理由も必要性もよくわかるし、待った結果リジェクトされるのは不満だけど9割方自分のせいだと認めます。

でもほんと審査待ち期間長すぎませんか…?(その分公開された時嬉しいけど)

f:id:miukun123:20150909212913p:plain

AppStore審査は一発で通過しない

上記画像の9つのアプリは大体1週間前後で審査されてアプリストアに掲載される予定です。でも半分くらいはリジェクトされるんですよね。その理由は様々ですがキチンと理由を英文で示してくれます。

※きちんとなにが悪くて何をどう直せばいいか教えてくれる。

f:id:miukun123:20150909213851p:plain

再提出しても別の理由でリジェクトされる

問題解決センターの指示通り修正しても次の問題点を指摘されることもしばしば。本当にこのやりとりをしてるだけでうんざりしてくる。だってリジェクトされる度に1週間ずつ時間を無駄にするわけですから当然ですよね。

GooglePlayは本当にスムーズ

こんなことを記事にするのは理由があります。今日生まれて初めてのGooglePlayアプリデビューをしたからです。(やったね、最高だぜ)

ディベロッパー登録してからアプリ公開までたったの1時間で終わってもうビビりまくりです。審査がないのは知ってたけどあまりにもスムーズ過ぎない?

f:id:miukun123:20150909214402p:plain

Snapbookを公開してみて

今回リリースしたSnapbookは画像や動画を使った簡易チャットアプリです。

f:id:miukun123:20150909214647p:plainf:id:miukun123:20150909214847p:plainこれはiOS版も同時リリースを予定していて先に審査登録したのはiOS版だったんです。なのに先に公開されたのはAndroid版という不思議現象です。

もうこうなってくると審査待ちの時間が勿体無くて仕方ないという気持ちになってくるのも仕方ないですよね。

そもそも僕はMacユーザーだけどAndroidユーザーなんです

なんとなくAndroidアプリ開発は不具合が多くて敬遠してたんですが、Android Studioがリリースされてから環境は大きく変わったようです。以前は開発環境構築だけで苦労していたのですが今はスタンダードになる得る開発環境があります。(MacXCodeみたいに)

3年間で100アプリを目指すならAndroidアプリの方がいい

繰り返しになりますが、時間の無駄がない。そして端末シェアもiPhoneを上回る状態です。もうそうなってきたらAndroidアプリですよね。

以上、これからもiOSアプリ公開は続けますがAndroidアプリにシフトしますというお話でした。

宣伝:Snapbookをぜひ使ってみてください。

f:id:miukun123:20150909214647p:plain