アプリ開発ってどれくらい儲かるの?

実際にやってみた。iOSアプリを毎週1つずつ投下中。

4つのアプリを公開して得られた知見。

f:id:miukun123:20150528141953p:plain

コンセプトはクローンアプリを中心にガンガンリリースをする。
どうもこんにちは、エンジニアの佐藤雄紀と申します。

最初のアプリをリリースしたのは2015年05月20日です。
今日28日までの1週間に4つのアプリをリリースして得られた知見を公開します。 

リリースしたアプリ

Line Bloxx

Line Bloxx

  • Yuki Sato
  • Games
  • Free

f:id:miukun123:20150528143041p:plain

f:id:miukun123:20150528143145p:plain

f:id:miukun123:20150528143216p:plain

TASKBOX - 無料To-Doアプリ

TASKBOX - 無料To-Doアプリ

  • Yuki Sato
  • Productivity
  • Free

f:id:miukun123:20150528143246p:plain

アプリをリリースする苦労

まず第一にアプリ審査の待ち時間が耐えられません。実際アプリの開発を始めたのは1ヶ月以上前のお話です。リリースされるまでに1週間〜3週間くらいの期間を要します。その期間は別のアプリを開発するなどしてひたすら待ちます。

次にアプリロゴの作成・デザインの作成・スクリーンショットの作成などが大変でした。対応する端末の分だけ素材が必要になります。特に厳しいのはスクリーンショットの作成などです。ピクセル単位でしっかり指定された数値で画像素材を用意するのが面倒でした。

テスターの重要性

 審査機関は家族・親戚などの内部テスターに遊んでもらったりしながら反応を見ていました。面白いものは面白い、つまらないもの遊び方がわからないなどの意見を頂きました。

ユーザーは家族のように優しくはありません。遊び方がわからなければ二度と遊ばないし、悪い評価をいただくことになるでしょう。

評価の悪いアプリはなかなかダウンロードもされないと思います。そういったことにならないようにしっかりテストしてくれる友人を持ちましょう。

審査とリジェクト

アプリ公開までに大体2〜3回ほどリジェクト(審査却下)されました。理由は様々でしたがクラッシュする、UIに問題がある、広告に問題があるなどでした。

これらはリジェクト理由を明確に教えてもらえるので適切な対応をして再度審査提出をする、これをひたすら繰り返します。

リリース後の反応と統計情報

そしていよいよ第1のアプリ「Line Bloxx」がリリースされました。
Facebook・Lineグループなどで友達に紹介するところから初めてみました。
その結果がこんな感じです。(iOS8以上端末のみ集計されるそうです)

f:id:miukun123:20150528145850p:plain

f:id:miukun123:20150528144138p:plain

気になる広告収入

ダウンロード数はAppユニット数という数値を参考にするようです。393件とありますがこの数値は実際の数値と差があるのかも知れません。というのもAdmob広告の統計とは大きな差がでています。広告の表示回数から1日あたりのプレー回数が大体わかってきます。

初日こそ1日10件前後でしたが、1週間たった今では一日5000-7000回遊んでいただけてるようです。

f:id:miukun123:20150528144452p:plain

広告のクリック数が少ない理由について

完全にしくじりました。もう取り返しのつかない失敗と言えます。

Admob広告をちゃんと表示させるためにはPINコード認証というものを受けなくてはいけません。これは広告主の本人確認のようなものです。Google社より郵送ではがきが届きそこに記載されているPINコードをWEB上で登録することで認証を完了させます。ところが郵送物が届くのは6週間前後かかるそうで今現在おそらく海の上かまだアメリカにあることでしょう。

これが届くまで広告が表示されず収益化は見込めません。

※クリック数2は私のテスト端末で誤ってクリックしたものと考えられます。

アプリストア上の順位について

今現在上位に表示されているのはLine Bloxxのみです。
ゲーム:ボードゲームカテゴリで160位前後に表示されています。
キーワードとしてテトリス風ゲームがHITするようで、そちらもダウンロード数の一因担っているかもしれません。

f:id:miukun123:20150528145141p:plain

アプリレビューから得た気付き

自分では気が付かないことがあります。それらを教えてくれるのがユーザーでありレビュー内容です。

今回はGameCenter機能に不具合があり、アプリがクラッシュしてしまうという報告をいただきました。これは私もApple社も見逃してしまっていました。

すぐに修正を行ってVer1.1を審査にかけていますが、まだ審査待ち状態で審査が始まりません。切実に早く始まって欲しい。。。

今後の展望

まず単純にリリースするだけではアプリダウンロード数を増やすことは難しいと知りました。各アプリメディアサイトに取り上げていただけるように工夫をすることが大事だと思います。但し、私のようなクローンアプリは特段取り上げる理由はないでしょう。

Admob広告がきちんと表示されていないことで広告収入の先行きが全く予測出来ません。今後引き続きの調査が必要です。

今後の目標について

まずはこの3本柱を達成したいと思います。

  1. アプリ登録数100件を目指す。(達成率:4%)
  2. 総ダウンロード数1万件を目指す。(達成率:0.04%)
  3. 週間広告収入7万円を目指す。(達成率0%)

まとめ

  1. Admob広告登録は時間がかかる!早めに準備しましょう。
  2. AppStoreでダウンロードされた正確な数値は実際よくわからない。
  3. ランキング上位に乗るにはメディア様の力が必要となってくる。

あとがき

引き続きアプリをリリースする度に更新をしてみようと思います。重要なのはアプリ開発にかけた手間とその回収率です。その点に注目して知見を晒していきますので引き続きよろしくお願いします。